REALFORCE 91UG-S NG31BSを購入

お久しぶりです。
あっという間に5月ですよ。

最近腕が痛くなったり痙攣することがあって、そろそろ危機感を感じたので良いキーボードを探していました。

REALFORCE 91UG-S NG31BS

そこでREALFORCEの新作、91UG-S NG31BSを購入しました。これについて個人の感想でも。

キーボードを買うにあたって自分が重要視していたのが、キーの軽さ、感触、静音、テンキー無し。ちなみに今までPC付属のものしか使ったことがない初心者。

メカニカルキーボードの青軸赤軸はカチッカチッと押した感があって良いんですが、ちょっとうるさいのが残念。黒軸は個人的に感触が合わなかったです。あと重い。茶軸はなかなか良いけど決め手にかける感じでした。

REALFORCEはスコッスコって感じで感触もちょうどよく、しかも静音モデルはとても静か。

REALFORCEの中でも今回買った91UG-Sはキー荷重がAll30グラムなので、圧倒的に軽く打てて感触も最高でした。

最後の最後まで変荷重(中心に行くほど重く、端に行くほど軽い)で感触も良い91UBK-Sと悩んでいたのですが、91UBKはキーの表面がちょっとゴムっぽくて引っかかる感じが気になったのと、やはり91UG-S NG31BSに比べると中心が少し重く感じてしまうため、91UG-S NG31BSを購入。

そんなわけで91UG-Sを使ってここまで書いたわけですが、改めてメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット:
・軽いため力もいらず早く打てる
・音が静かで迷惑がかからない
・テンキーが無いぶんマウスが近くにおけるため、手の移動が楽&肩を開かなくて済む

デメリット:
・軽すぎるため慣れないと待機中に誤入力することがある
・他のキーボードが重く感じるかもしれない
・価格が高い

誤入力を防ぐためにはキーとキーの間に指を置くようにすると良いことが判明。あとはリストレストがあるととても快適かもしれない。

以上です。次の記事はいつになるんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">