Virtuoso open source 7.1 update 躓いた点など

By | 2014年2月25日

Virtuoso 7.1 オープンソース版が公開されたのでアップデートした。

参考:Virtuosoのアップデートでハマった時のメモ。

ビルドして古いvirtuoso.dbをコピーすれば動くらしいのだが、自分はうまく行かなかった。

古い方を削除して新しい方をビルドし、virtuoso.iniのみ古い方を引き継いだ。

linux用はgithubでしか公開されていないみたい(?)なので

./autogen.sh
./configure
make
make install

の順でコマンド実行。普通に./configureしようとしたらつまずいた。

06.01.3127から最新にしたわけだけど、2つ困ったことが。

1つ目に、filter regex(str(?o), “テキスト”, “i”) などの正規表現で結果を取ってこれなくなったこと。

解決策としては”i”を付け加えないこと。

確か古いVirtuosoでは、日本語の正規表現は”i”を指定しないと正常に取ってこれなかったはずだが、それが改善されたということだろうか。

2つ目に、JDBC経由でSPARQLかけると結果の順序がぐちゃぐちゃになること。毎回順序が変わるってどういうことだ…

解決策としてはorder byで結果の順序指定すること。

そんなわけで無事アップデートできました。

One thought on “Virtuoso open source 7.1 update 躓いた点など

  1. Pingback: Virtuoso 6.x.xからVirtuoso 7.1.0へのデータ移行 | idease

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。